働き方改革推進支援助成金~労働時間短縮・年休促進支援コース~

益永 治英です。
 
昨日は、事務所で年度更新
を中心に行いました。
 
さて、本日は助成金情報
です。
 
 
○働き方改革推進支援
 助成金(労働時間
 短縮・年休促進支援
 コース)
 
 
■概要
 
生産性向上や労働時間の
短縮に向けて、職場環境
を整備する中小企業を
支援する助成金です。
 
 
■成果目標
 
以下の3つの成果目標から
1つ以上を選択し、達成を
目指して取り組みを実施
する必要があります。
 
①月60時間超の36協定の
 時間外・休日労働時間数
 の縮減
 
②特別休暇(病気休暇、
 教育訓練休暇等)の
 導入
 
③時間単位の年次有給休暇
 制度を新たに導入
 
 
■支給対象となる取り組み
 
①労務管理担当者に対する
 研修
 
②労働者に対する研修、
 周知・啓発
 
③外部専門家による
 コンサルティング 
 
④就業規則・労使協定等
 の作成・変更
 
⑤人材確保に向けた
 取り組み
 
⑥労務管理用ソフトウェア、
 機器、デジタル式運行
 記録計の導入・ 更新
 
⑦労働能率の増進に資する
 設備・機器などの導入・
 更新
 
※原則として、パソコン、
 タブレット、スマート
 フォンは対象外。
 
 
■対象事業主
 
以下のいずれにも該当する
中小事業主
 
①労災保険の適用事業主
 
②年5日の年休取得に
 向けて就業規則等を
 整備※している
 
③成果目標①から③の
 設定に向けた条件を
 クリア※している
 
※交付申請時点
 
 
■受給額
 
以下のいずれか低い額
 
①成果目標ごとの上限額※
 および賃金加算額※※
 の合計
 
 ※成果目標①は、
  「50~100万円」
 
  成果目標②と③は、
  「50万円」
 
 ※※賃金加算額は、
 「15~240万円」
 
 
②対象経費の合計額
 の3/4※
 
※常時使用する労働者数
 が30人以下かつ、支給
 対象の取り組みで⑥
 から⑦を実施する場合、
 
 その所要額が30万円を
 超える場合の補助率は
 4/5 
 
 
■注意点
 
①原則、購入する機器等
 は相見積もり、かつ、
 価格が一番低い業者を
 選択すること
 
②交付申請の認定前の
 契約・購入は対象外
 
③交付申請期限は、
 令和3年11月30日
 だが、予算なくなる
 とその時点で終了
 
 
■最後に
 
労働時間の短縮に向けて
機械化や労働時間管理の
ための機器等の導入を
検討している会社は、
 
対象経費の75%の助成は
大きいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です