最低賃金について

益永 治英です。
 
昨日は、午前中は
ファミレスで仕事、
 
午後は事務所に行き
パートさんに離職票
の作成方法を教え
ながら、作業を行い
ました。
 
 
さて、本日は、
最低賃金について
です。
 
■最低賃金の種類
 
最低賃金には、
 
①地域別最低賃金
②特定最低賃金
 
の2種類があります。
 
①地域別最低賃金は、
都道府県ごとに定め
られます。
 
②特定最低賃金は、
特定地域内の特定
産業ごとに定めら
れます。
 
 
■最低賃金より低い
賃金を支払った場合
 
最賃法により無効と
され、最低賃金額と
同額を支払わなけれ
ばなりません。
 
罰則は、50万円以下
の罰金です。
 
 
■最賃の計算時に
 除外する項目
 
最賃を計算するとき
に下記の項目は除外
する必要があります。
 
①精皆勤手当
②通勤手当
③家族手当
④割増賃金
⑤1か月を超える期間
 ごとに支払われる
 賃金(賞与など)
⑥臨時に支払われる
 賃金(祝い金など)
 
※住宅手当は最賃計算
 から除外されていない
 のがポイントです。
 
※固定残業手当も割増
 賃金なので除外して
 計算する必要あり。
 
 
■最低賃金の算出式
 
①時間給制
 
時間給≧最低賃金額
 
②日給制
 
日給÷1日の所定労働
時間≧最低賃金額
 
③月給制
 
月給÷1か月平均所定
労働時間≧最低賃金額
 
④出来高払制
 
賃金総額÷総労働時間
≧最低賃金額
 
※月給制+出来高払制
など、組み合わさった
場合は、合算します。
 
 
■最後に
 
特に固定残業手当
を採用されている
企業は、
 
固定残業手当を
除いて最低賃金を
上回っているかを
 
注意してみて
ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です