労働条件の書面以外の明示方法について

益永 治英です。
 
昨日は、終日東京で
業務支援でした。
 
2日間連続で終日勤務
は作業が溜まってしま
うのはキツイですね。
 
明後日も終日南房総で
業務支援なので、今週
は何とか頑張ります。
 
さて、本日は、労働条件
の書面以外での明示方法
についてです。
 
 
■概要
 
平成31年4月から労働
条件の明示が書面だけ
でなく、
 
下記のようなSNS等
でも可能となって
います。
 
①FAX
 
②EメールやGmail等
 のWebメール
 
③LINEやMessenger
 等のSNSメッセージ 
 
 
■注意点
 
書面以外で明示するには
下記の要件を満たす必要
があります。
 
①労働者本人が希望して
 いること
 
②本人のみ閲覧できる
 ように送信すること
 
③出力して書面を作成※
 できるものであること
 
※労働者の個人的な事情
 によらず、一般的に
 出力可能な状態で
 あれば、
 
 出力して書面を作成
 できると認められます。
 
 
■最後に
 
クラウドサービスで
労働条件通知書のやり
とりができるサービス
も出てきています。
 
特に有期契約の更新
のやりとりが多い企業
などは、
 
毎回書面で交わすより、
メールやLINE、または
クラウドサービスなど
を検討されても良さそう
ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です