加給年金と振替加算について

益永 治英です。
 
昨日は、午前中銀行に
行き、午後は自宅で
ZOOMでの打ち合わせ
でした。
 
さて、本日は、加給年金
と振替加算について。
 
 
■加給年金とは?
 
年金でいう家族手当
のようなものです。
 
 
■加給年金の要件
 
下記の①と②の両方の
要件を満たす必要あり。
 
①厚生年金保険の被保険者
 期間が、原則として
「20年以上」あること。
 
②原則として、65歳到達
 時点で、生計を維持して
 いる
 
 ・「65歳未満の配偶者」
 ・「18歳到達年度の末日
  までの間の子※」
 
 のどちらかがいること。
 
 ※1級・2級の障害の状態
  にある20歳未満の子も
  該当します。
 
 
■加給年金がもらえない
 ケース
 
生計を維持していた配偶者も
 
①老齢厚生年金に20年以上
 加入している
 
②退職共済年金(組合員期間
 20年以上)
 
③障害年金を受けられる間
 
などは加給年金額は支給停止
となります。
 
※配偶者も年金をある程度
 もらえるなら、加給年金は
 あげなくていいよねという
 考えですかね。
 
 
■もらえる金額(特別加算含む)
 ※2021年度の金額
 
①配偶者
 
 年間「約39万円」
 
②子
 
 2人目まで、1人当たり
 年間「約22.5万円」
 
 3人目以降、1人当たり
 年間「約7.5万円」
 
 
■振替加算とは?
 
生計を維持していた配偶者
の生年月日が「昭和41年
4月1日以前」であったり、
 
厚生年金や共済年金に20年
以上加入していないなどの
一定の要件を満たした場合
 
「振替加算」というものが
もらえます。
 
金額は、配偶者の生年月日
に応じて「年間15,055円~
224,700円※」
 
※年齢が若くなるごとに
減額されていき、
 
昭和40年4月2日~昭和41年
4月1日までの方は「15,055円」
となっています。
 
なお、昭和41年4月2日以後
生まれの方からは0円となり
振替加算はもらえません。
 
※月額あたり「1,254円~
18,725円」なので過度な期待
はされないほうが良いですね。
 
 
■最後に
 
65歳未満の配偶者という要件
があるため、18歳未満の子が
いない場合
 
年下の配偶者を扶養されていた
場合は、加給年金をもらえる
可能性がありますが、
 
年上の配偶者を扶養されていた
場合は、加給年金はもらえない
ことになります。
 
加給年金のお話しをすると、
年金をもらう前から年下の妻と
結婚してよかったという社長も
おりますが、
 
自分が65歳になる前に奥様に
いなくなられないように、
お互い奥様を大切にしていき
ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です