アルムナイ(alumni)とは?

益永 治英です。
 
日曜日に成田ゆめ牧場
に行ってきました。
※うさぎはホント癒され
 ます。
 
昨日は、午前中1件と
午後2件のZOOMでの
打ち合わせや社内会議
を中心に行いました。
 
ZOOMで打ち合わせが
できると、移動時間が
短縮される分、本当に
ありがたいです。
 
 
さて、みなさんは、
アルムナイ(alumni)
をご存じですか?
 
英語を略すと「卒業生、
同窓生」などの意味です
が、人事労務分野では、
 
・同じ会社の退職者
・退職した人の集まり
 
という意味で用いられて
いるそうです。
 
 
人事戦略の一環として
一度退職した元社員と
ネットワークなどで
つながっておき、
 
業務委託契約やアルバイト
などで元の会社のプロジェ
クトに参画したり、復職
したりすることを想定
しています。
  
 
アルムナイのメリット
としては、
 
①安心感
 
元社員なので人柄や能力
をよくわかっていること。
 
②求人コスト削減
 
アルムナイのネットワーク
で呼びかければいいので、
求人掲載料や紹介料は必要
ないです。
 
③組織活性化
 
他社での経験や起業経験
でのノウハウなどを自社
に活かせれば、業務効率化
などが期待できます。
 
 
デメリットとしては、
 
①情報漏洩リスク
 
アルムナイで元社員と
情報共有をする際に、
社内の機密情報が漏洩
するリスクが高まる
 
②既存の社員への影響
 
既存社員のモチベーション
低下への配慮に注意が必要
です。
 
ずっと勤めている社員と
復職した元社員の待遇差
には気をつけたいですね。
 
③コストがかかる
 
専用のウェブサイトや
HRテクノロジーを導入
すると維持費などの
コストはかかります。
 
SNSなどでアルムナイの
専用グループをつくる
ぐらいなら、費用は抑え
られそうですね。
 
 
アルムナイを活用して
いる企業としては、
 
・アクセンチュア
・電通
・住友商事
・リクルート
・サイボウズ
 
などが挙げられます。
 
ご参考にされては
いかがでしょうか。
 
 
今後、働き方の多様化や
人手不足となっていく中
で、退職した社員の力を
借りるときがくるかも
しれません。
 
そのためにも、退職者が
 
「また、この会社で働き
たい」
 
と思ってもらえる職場
づくりが、ますます大切
になってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です