社会保険の適用拡大について

益永 治英です。
 
昨日は、千葉市動物公園に
行ってきました。
 
動物たちを見ると癒されますね。
子供たちも大喜びで良かったです。
 
アザラシが水中で寝ている写真を
撮ったので最後にアップして
おきます。
 
 
さて、本日はパート・アルバイト等
の短時間労働者に対する社会保険の
適用拡大について。

 

まずは、原則として短時間労働者
が社会保険に加入しなければなら
ない条件とは・・・

正社員と比べて、

①週の所定労働時間が3/4以上
②月の所定労働日数が3/4以上

の2つの要件を「両方」に満たす
場合とされてきました。

2016年(平成28年)10月~

特定適用事業所で働く短時間労働者
が下記の要件を満たすと、社会保険
への加入が必要となりました。

①週の所定労働時間が20時間以上
②雇用期間が1年以上見込まれる
③賃金の月額が88,000円以上
④学生でないこと

特定適用事業所とは?

社会保険の被保険者(短時間労働者
を除く)の総数が常時500人を超え
る事業所のことです。

ポイントは、全労働者数が500人超
ではなく、社会保険の加入要件に
該当する人数が500人超という点です。

今後の改正予定です。

現在は、500人超なので該当しない
会社も多いと思いますが、これから
下記のような改正が行われます。

①2022年(令和4年)10月から

・被保険者の総数が常時500人超
 ⇒「100人」超

・雇用期間が1年以上見込まれる
 ⇒「2か月」を超えて見込まれる

②2024年(令和6年)10月から

・被保険者の総数が常時100人超
 ⇒「50人」超

社会保険に加入するメリット

短時間労働者にとって、社会保険に
加入すると、当然社会保険料の負担
は増えますが、下記のメリットも
ございます。

・年金がさらに充実
 ⇒ 1階の基礎年金部分に加えて
  2階の報酬比例部分の上乗せ

・医療保険がもっと充実
 ⇒ 傷病手当金と出産手当金が
  もらえる可能性が出てくる

 

今後、2022年と2024年の2回に
わたり、順次、短時間労働者への
社会保険適用拡大が実施されます。

厚生労働省の試算によると
社会保険の適用拡大により、
短時間労働者1人あたり、

「約24.5万円/年(40~
 65歳は+約1.5万円)」

保険料が増加すると言われて
います。

社会保険料のコスト増をカバー
するためにも、経営の効率化や
生産性の向上は、ますます重要
となってきますね。

最後に、アザラシが水中で寝て
いる写真です。ガラスが傷だらけ
で見づらいですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です